Narikoの気紛れ・・・@マビノギ英雄伝

軌跡?いいえ奇跡です!と・・また言える日が訪れればいいなぁ~

スポンサーサイト

Posted by Nariko on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆめのなか・ソアラ

Posted by Nariko on   0 comments   0 trackback

ネタばれ注意!
~ゆめのなか~
以前、一度訪れたダンジョン『ゆめのなか』です。
このダンジョンでは、NPC(街の施設にいる人達)とのバトルが可能で、経験値の入手こそ少ないが、寺院の寄付でレベル上げが出来るおいしいダンジョンです。

他にも、盗賊のハイマスター取得後にくれば、イノセントマントや竜皇剣etc.などの利用価値が高いアイテムも手に入れることができます。
どの敵からどのアイテムが盗めるかは申し訳ありませんが、ご自分でビステールの城で図鑑を見て
調べて下さい。

因みにこのダンジョンのNPCは、戦闘習得後に同じシンボルを捜索すれば街に戻らなくても何回でも戦うことが可能です。


ゆめのなか
ゆめのなか

▼X:3Y:1
帰り道は、来た場所のすぐ近くに強制転送装置があります。

▼X:10Y:8
「金と情と魚を運ぶ貿易風」
1戦で、お金が20000GP前後入手可能で、一人に集めれば約120000GP前後となる。
寺院で寄付すれば、レベル上げが簡単に出来ます。

短時間で、全呪文を覚えたキャラも簡単に作製可能ですね。
まあ、忍者は可能な限り『力のメダル』や『赤い靴』などで無転職させたいですが。。。
まぁ、それについては後ほど。。。

神具(喜びのアンクレット)
喜びのアンクレット

~ルーベンブルグ3階~
夢の中から帰還後、ルーベンブルグ3階の理事長に再再選を挑みに行きました。
今回は、錬金呪文も覚えているしレベルも高くなったので負けることはありませんでした。

どうやら15レベル弱でも保険に呪文抵抗と巫の結界があれば、錬金呪文オラースで攻撃力をカバーして召喚キャラの肉壁戦法(召喚したキャラヴィッフィを使う)で問題なく倒せますね。

相手が魔術師の時には状態異常で行動無効化は難しいのでこの戦法がとても有効です。
余程のレベル差がない限りは多少高レベルな相手にも使える戦法なので、覚えといても損はないかと思います。
ちょっと、思い出すのが遅かったですね。。

その後、連続でゾーズの触手との戦闘になります。
こちらは普通に回復しながら戦えば問題ありませんね。

余裕があれば、触手を盗んで闘士に装備させても良いかもしれませんね。
パラメータが前作と一緒であれば、首切り15%にそこそこの攻撃力も期待できるので、錬金鍛冶で強化すればかなりの戦力になります。

そういえば、何気なくコンパスの光が黄色になっていたんですね。
コンパスの光をたどっていくと、喜びのアンクレットを発見しました。
喜びのアンクレットの対戦相手はというと、ウルナ・・・。

会話の展開的に、レイブレアに行っている時と行っていない時では異なるイベントが見れそうな気もしますが、その真相は2周目までのお預けですね。
(レイブレアに行く前に神具回収でウルナに会うと、他のNPCと同様に戦闘になる事が分かりました。レイブリアに行ってからの方が、よりストーリーの真相に入り込む事が出来るのでお勧めします。)

会話後に戦闘になるかと思いきや、基礎コントラキオで待っていると言い残して5個目の神具である貴重品【喜びのアンクレット】を入手しました。

~ルーベンブルグ2階~
初訪問の時にはナンビーノ先生相手に優勝は出来なかったのですが、今回はエンテルクミスタを3人・フランベルジュ・豪雷の剣2人で暴れて来ました。
流石に優勝できますね。笑”
景品としてウサギのわんどを入手しました。
ウサギのわんどは、ナンビーノ先生のぬいぐるみがワンドの先端についただけのオマケみたいなぶきですね。

~ルーベンブルグ1階~
理事長を倒した後に1階のソアラと会話し、にビステールの訓練所で仲間になります。
以後、レベル17、中立、エルフ、魔術師呪文マスターのソアラが使用が可能となる。

その他、フェイム×4、キャラクターフェイスの種族・性別が解禁されます。
地味ではありますが、キャラクターフェイスも今回の魅力の一つでもあるなので、自由度が増して良いかもしれませんね。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wizardry2009.blog96.fc2.com/tb.php/27-50d2d1bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。